夏限定・色のきれいなプラム・スモモのジュース&ジャム レシピ・作り方

スモモジューススイーツ

スモモとプラムが出回る季節限定のジュースとジャムです。

プラムと砂糖を鍋で20分煮るだけです。

ジュースは冷蔵庫で2週間~1か月、冷凍で1か月。
ジャムは室温で2週間~1か月ほど持ちます。

ジュースを取った後の実で作るジャムも絶品です。

ジャムの出来上がりを確認する方法は「料理のポイント・コツ」にまとめてあります。

ジュース&ジャム 材料

スモモ(またはプラム、ソルダム)500g
<ジュース>
砂糖400~500g
700~1000ml
<ジャム>
砂糖300~350g

ジュース&ジャム 作り方

  • 手順1
    ジュースを作ります。
    1. スモモをよく洗います。
    2. 水を加えて15~20分煮ます。
    3. 色が出たら実を取り出して、砂糖を加え、溶けるまで煮詰めます。
    4. お好みでレモン汁や食用のクエン酸を加えます。

    ジュースの出来上がりです。

  • 手順2
    ジャムを作ります。
    1. 取り出した実に砂糖を加え、弱火で焦がさないように煮詰めます。
    2. 煮詰まってきたら種を取り出します。
    3. キレイな瓶に入れ、保存します。

    ジャムの出来上がりです。

料理のポイント・コツ

  • ジャムにするときは、焦がさないように注意してください。
  • ジャムは皮を取らなくても良いです。
  • 皮が残っていると食感のアクセントになるように思います。
ジャムの出来上がりを確認する方法
  1. コップに水を入れ、煮詰めたジャムを水に落とします。
  2. 水に溶けずにジャムが沈んだら出来上がりです。
ジュースをアレンジして飲む

牛乳に混ぜるとピンクのヨーグルトのようなジュースになります。

コーヒーブレイク

キレイなジュースができます。

梅シロップの次はスモモのジュースの季節です。

少し柔らかくなった見切り品のすももで十分に作れます。

私の尊敬する料理研究家 辰巳浜子先生の本の中に、見切り品のブドウで作るぶどうジュースがありました。

品種改良でブドウの実が落ちなくなってから、ぶどうが安く手に入らなくなったと、少し残念そうな辰巳先生の一文が印象に残っています。

果物も野菜も、ずいぶん品種、品質ともに変わってきました。

より甘く、より柔らかくと日々私たちの求める食品に変わってきています。

ただ、ぜんざい、練り切りなどの和菓子、ケーキも、3~40年前のレシピより甘さ控えめになってきています。

料理も生き物、日々進化していきます。

この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
スイーツ
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました