旬のほうれん草と卵のグラタン レシピ・作り方

旬のほうれん草と卵のグラタンご飯・おかず

冷蔵庫にある卵とほうれん草で作ります。時短するので、卵は茹でずにレンジで加熱します。

好みでキノコやソーセージ、ベーコンを入れても◎。

材料2人前

ほうれん草1束(200g程度)
玉ねぎ4分の1個
2個
※好みできのこベーコン、ソーセージを加えます
バター大さじ2
薄力粉大さじ3
小さじ2分の1
(※塩に代えてコンソメ顆粒小さじ1でも良いです)
胡椒適宜
牛乳300㏄
チーズ50g
パン粉小さじ2
食用油小さじ1

作り方

  • 1
    ほうれん草の下ごしらえをします。
    1. ほうれん草は、たっぷりのお湯で、さっとゆでます。
    2. ざるに取ってお湯を切り、ざるごとボウルに入れ、水で洗います。
    3. ボウルに砂などが残っていないことを確認して(2回ほど水を取り替えて振り洗いするときれいになります)、水気を絞り4㎝位の長さに切ります。
  • 2
    その他の具材の下ごしらえをします。
    1. 玉ねぎは薄切りにしておきます。
    2. きのこやベーコン、ソーセージを入れるときは食べやすい大きさに切っておきます。
  • 3
    卵をレンジで加熱します。
    1. 卵と大さじ1の水を耐熱容器に入れ、加熱中に爆発しないように、卵黄、卵白の部分に竹串などで穴を開けます。
    2. ふんわりラップをして600wで1分程度加熱します。
  • 4
    フライパンでホワイトソースを作ります。
    1. フライパンに油を入れ、玉ねぎ等の具材を入れ、中火で炒めます。
    2. バターを入れ全体がなじんだら薄力粉を加え、弱火で炒めます。
    3. 粉っぽさが無くなったら、塩(代わりにコンソメ顆粒でも良いです。)、胡椒を入れます。
    4. 弱火のまま牛乳を少しずつ加え、ホワイトソースにします。
    5. 味を見て足りない様なら、塩、こしょうで味を調えます。
  • 5
    グラタン皿にほうれん草と卵を入れ、ホワイトソースをかけチーズをのせ、パン粉を振って180度のオーブンで10分ほど焼きます。

    程よく焦げ目がついたら出来上がりです。

料理のポイント・コツ

ホワイトソースのポイント・コツ
  • ホワイトソースにダマができないように、牛乳は少しずつ加えます。
  • 具材と小麦粉を炒めてから一旦粗熱を取り、牛乳を少しずつ加え、全体が均一になったら、弱火にして作る方法もあります。
  • 炒めた小麦粉が均一になったところで熱を加えるので、ダマになりにくいようです。
  • 焦げないように7~8分経ったところで様子を見てください。

コーヒーブレイク

旬のほうれん草と卵のグラタン

料理は引き算ということもあります。

ほうれん草のうまみを味わうため、塩、胡椒とチーズだけというのもありだと思います。

茹でたジャガイモ、マカロニ、パンなどを下に入れてボリュームを出すのも良いかもしれません。

物足りない方は、玉ねぎがしんなりしたところでキノコやベーコン、ソーセージを加えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
ご飯・おかず
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました