暑い⽇のオススメ汁物料理 鯖缶で作る冷や汁 レシピ・作り⽅

鯖缶で作る冷や汁ご飯・おかず

暑い⽇のメニューに、冷や汁があります。

冷や汁は、焼き⿂と⾹味野菜を使った宮崎の郷⼟料理です。焼いた⿂をほぐして使う代わりに、鯖缶を使って、簡単に作ってみました。

鯖缶で作る冷や汁 材料 4⼈分

鯖缶1缶
きゅうり1〜2本
すりごま⼩さじ2〜3杯
しょうが(千切り)1~2かけ
⻘じそ・みょうが
⾹味野菜の千切り
適宜
味噌⼤さじ3
だし汁カップ2
適宜
香味野菜の千切りはなくてもOKです。

鯖缶で作る 冷や汁 作り方

  • 具材を切ります。
    1. キュウリは1~2㎜の輪切りにします。
    2. ショウガは千切りにします。

    他に⾹味野菜があれば千切りにしておきます。

  • 鯖缶は⼤きくほぐしておきます。
  • だし汁を中⽕にかけて、みそを溶かし⼊れます。
  • 鯖缶を汁ごと加えます。
  • 沸騰直前で⽕を⽌め、しょうがを⼊れて粗熱をとります。

    粗熱をとり、室温程度まで冷まします。

  • ⾷べる直前にすりごま、きゅうり、その他の⾹味野菜を⼊れます。
  • 氷を⼊れて冷たくして頂きます。
    冷や汁の食べ方

    氷を⼊れて冷たくして頂きます。ご飯にかけてお召し上がりください。

    できあがりです。

冷や汁をおいしく作るポイント

お味噌汁にキュウリを⼊れるとさわやかな⾹りで、夏にはとても涼味を味わえます。

香味野菜を加える

できれば、冥加や⻘紫蘇(⼤葉)の千切りを⼊れてください。より⾹り良く出来上がります。

やや濃いめの味付けにする

氷が解けるので、やや濃いめの味付けが無難です。

冷や汁 アレンジ

うどんやそうめんなどの麺類にかけて食べる

ご飯の代わりに、うどんやそうめんなどの麺類に、冷や汁をかけて⾷べても美味しく頂けます。麺類で冷や汁を⾷すときは、必ず、お味噌を醤油に代えて作ってください。

今後、冷や汁うどん・そうめんバージョンのレシピも紹介したいと思います。

宮崎県の郷⼟料理 冷や汁

宮崎県の郷⼟料理である冷や汁は、本来アジの⼲物やカマスの⼲物などを焼いて、ほぐしたものを使います。

かつおだしに加えて、焼いた⿂の骨で出汁をとれば、⼤変美味しい冷や汁になります。しょうがを⼊れた⿂のあら汁は美味しいものですが、⼯程が多くやや⾯倒です。

本場のレシピをアレンジして、焼き⿂の代わりに鯖缶を使えば、⾯倒な⼯程を省いて簡単に作ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました