家族のリクエストに応えてご飯で作る簡単ころんクックのリゾット風 レシピ・作り方

リゾットご飯・おかず

チーズとベーコンの濃厚な味が一般的なリゾットです。

このレシピは映画「リストランテの夜」に出てくる白いリゾットをイメージしました。

チーズやバターが入っているのに優しい味の白いリゾット風です。

材量2人前

ご飯250g
鶏肉50g
玉ねぎ40g
きのこ(しめじ・えのきだけ・しいたけなど)30g
食用油小さじ2
(あれば)干しエビ2g
チーズ30g
100㏄
牛乳250㏄
少々
コンソメスープの素小さじ2分の1
黒こしょう少々
乾燥パセリ適宜

作り方

  • 手順1
    材料の下ごしらえをします。

    玉ねぎ、きのこ、鶏肉、干しエビはみじん切りにしておきます。

  • 手順2
    具材を炒めて煮込みます。
    1. 鍋に食用油をひき、玉ねぎ、きのこ、鶏肉、干しエビの順に入れ炒めます。
    2. 水とコンソメスープの素を加え、中火から弱火で3~4分煮詰めます。
    3. ご飯、牛乳、チーズを入れます。
    4. ひと煮立ちして、チーズが溶けたら火を止めてバターを入れます。
    5. 全体を混ぜ、均一になったら、塩を入れ味を調えます。
    6. バターを加えて、器に盛って黒こしょうと乾燥パセリを振って出来上がりです。

料理のポイント・コツ

  • あればマッシュルームなどのキノコを使ってください。
  • 具材はなるべく細かいみじん切りにしておきます。
  • 牛乳を入れてからは、あまり煮立たせないようにします。

コーヒーブレイク

リゾットというとベーコンが入った濃厚な濃いめの味が一般的です。

本場イタリアで食べたというわけではないので、このレシピのリゾット風が正解かはわかりません。

リストランテの夜という映画ででてきた魚介類のリゾットは白くて具材が分からないものでした。映画では、レストランの経営上、手間と材料費の掛かるリゾットをメニューから外すようにと問題になります。イタリア人のシェフは見た目の地味なリゾットを絶対に外せないとなかなか譲りません。

このレシピでは、干しエビを少しだけ加えていますが、ほぼ隠し味です。具材はすべてだしのために入れています。

手間がかかっていないので、程遠い味なのかもしれませんが、滋味深い味であると思います。

もし、物足りないとクレームが出たらベーコン50gを炒めて加え、粉チーズ大さじ1を振って修正してください。

この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
ご飯・おかず
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました