養殖鯛の煮物 レシピ・作り⽅

養殖鯛の煮物ご飯・おかず

以前は、脂っこくて、天然の鯛には敵わないと思っていた養殖鯛。
今回、安価で売られていたので、期待はせず、購⼊してみました。
いい意味の期待外れ、何故か美味しく頂けました。

理由は、宮迫さんのチャンネルで。 最近の養殖事情をつつみさんが説明しておられました。

【疑惑の学歴】早稲田大学を卒業したつっつんに宮迫パパのミッションを任せてみた

ラッキーだったわけではない、安い養殖鯛、これからは安⼼して買えます。
お刺⾝丼と、あら煮で頂きました。
今回紹介するレシピは、養殖鯛の切り⾝とゴボウの煮物です。

養殖鯛の煮物 材料

鯛の切り⾝150~200g(3切れ程度)
ごぼう50g(1/2〜1本)
砂糖⼤さじ2分の1(お好みで)
⼤さじ2
醤油⼤さじ1〜2

養殖鯛の煮物 作り⽅

  • 養殖鯛の切り⾝に熱湯をかけ、うろこや⾎合い等が残っていたら丁寧に取り除き、洗います。
  • ゴボウは2つ割りにして3cmほどの⻑さに切り、少し⽔にさらして、あくを取ります。
  • 材料が浸るくらいのお湯を準備して、ゴボウと切り⾝を⼊れます。
  • 酒、砂糖、しょうゆを⼊れ、中⽕から弱⽕で10分強煮ます。

    この時、落し蓋をしてください。

  • ⽕が通ったら出来上がりです。

    好みの濃さになるように煮汁を煮詰めます。

料理のポイント

焦げる⼿前まで煮詰めると煮汁にとろみが出ます。
鯛の煮物にゴボウはとても相性が良いです。
いろどりに、きぬさやの塩ゆでを添えました。
⼭椒の葉があれば、きぬさやの代わりに彩にしても。

私の養殖鯛の煮物エピソード

煮⿂は、⽣姜しょうがねぎなどその⿂にあった物を加えますと、⿂独特の臭みが消え、美味しく頂けます。

養殖鯛の煮物

鯛の兜煮は鯛のあらから作り、⽣姜とカブを⼀緒に煮ました。

養殖鯛

養殖鯛は3枚卸にして、頭は⼆つに割ります。 ⿂の前⻭の間に包丁を⼊れると頭を簡単に2つに割ることができます。
スーパーでも、3枚卸までしてくれます。

フィッシュボーン

フィッシュボーン

写真の骨は、鯛の形をしているので「鯛の鯛」といいます。
料理研究家の平野レミさんは、加⼯してイヤリングにしてました。 骨までしゃぶるように完⾷した後に遭遇できます。

ちなみに、ローストチキンにはウイッシュボーンがあります。 先の⻑い話ですが、クリスマスに記事にします。

この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
ご飯・おかず
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました