【創作料理】安くて簡単♪⾖腐と油揚げのあんかけ丼 レシピ・作り⽅

豆腐と油揚げのあんかけ丼ご飯・おかず

さっぱり食べれる丼ぶりもののオリジナルレシピです。

ダイエット中の方や、飲みすぎ、食べすぎの時にもピッタリ。

麺つゆを使うととても簡単なスピード料理になります。
コスパもよく、胃にもお財布にも優しい一品です。

豆腐と油揚げのあんかけ丼 材料

絹ごし豆腐1丁(350g)
油揚げ2枚
枝豆10~20粒
ちくわ 2~3本
ショウガ1かけ
だし汁500㏄
みりん大さじ3弱
しょうゆ大さじ3弱

※水溶き片栗粉

大さじ3
片栗粉大さじ3

豆腐と油揚げのあんかけ丼 作り方

  • 具材の下ごしらえをします。
    1. 油揚げはお湯をかけ、よく絞って4〜5㎝角の正⽅形に切ります。
    2. ⾖腐はキッチンペーパーか清潔なふきんに包んで、30分ほど⽔切りしておきます。⽔切りした⾖腐は、2~3㎝角の正⽅形に切ります。
    3. ちくわは5〜6㎜の斜め千切りにします。
  • だし汁にちくわ・油揚げを入れ、中火で1~2分煮ます。
  • みりん、しょうゆ、豆腐を加えて、中火で1分煮ます。
  • 水溶き片栗粉で強めにとろみをつけます。
  • 盛りつけて出来上がりです。
    【参考】盛りつけ方

    ごはんの上にあんをかけて、枝豆を散らします。お好みでおろししょうがを飾ったらできあがりです。
    食べる時は生姜を少しずつ崩しながら入れて食べます。

おいしく作るポイント・コツ

  • 油揚げは油抜きする
  • 豆腐は水切りをして、煮過ぎない
  • とろみはやや強めにつける
  • 枝豆を添える
油揚げは油抜きする
  • 油揚げにお湯をかけて、表面の余分な脂分を落とします。
  • 油揚げの油抜きをすることで味が染み込みやすくなります。また、カロリーダウンになるのでヘルシーに仕上がります。
豆腐は水切りをして、煮過ぎない
  • 餡が水っぽくなるのを防ぐために、豆腐は水切りします。
  • 豆腐は煮すぎないよう、中心まで温まる感じで煮ます。
  • 煮過ぎると豆腐にすが立ち、食感が悪くなります。
とろみはやや強めにつける
  • 作ってから時間が経つと、豆腐から水分が出て水っぽくなります。
  • やや強めにとろみをつけておくと、丁度良く召し上がれます。
枝豆を添える
  • 枝豆は冷凍の物を常備しておくと、彩りにも簡単に使えます。

だし汁の代わりにめんつゆを使う方法

だし汁・しょうゆ・みりんを、めんつゆに代えても美味しくできます。

麺つゆを使うときは、できれば、かつおぶし(花かつお)を添えてください。

コーヒーブレイク

豆腐の食感、とろみ、枝豆の緑色が美しい上品などんぶりです。日本人の大事なたんぱく源である大豆の良さを見直そうと思い、作りました。

ちくわに代えて、エビを使うと見た目も豪華な品の良いどんぶりものになります。
油揚げに代えて湯葉を使えば、京都の宿で食べている気分になれるかもしれません。
できればダシを取って作りたいところです。

麺つゆを使う場合は生姜の横に鰹節を盛りつけてください。鰹節の香りと滑らかな豆腐を味わうと、日本人に生まれてきてよかったと思います。

江戸時代の日本人

江戸時代の日本人は魚、鳥肉、そして大豆がたんぱく源でした。ウサギも食べていたようです。ウサギを匹ではなく羽と数えるのは鳥と同じだよってことみたいです。

「ももんじや」という看板のお店の江戸時代の絵を見たことがあります。サル?犬?みたいな商品も並んでいて、おどろおどろしい感じです。

宗教的には獣を食べないと言われていましたが、お座敷みたいなところでは、人が何か食べている様子の絵です。だから、時には獣肉を食べていたと思います。

山くじらの文字もあって、獣の肉は山のクジラの肉ってごまかして食べていたのでしょう。宗教的には獣を食べないと言われても、健康の為には必要だったのです。

豆腐と油揚げのあんかけ丼 アレンジを考える

このどんぶりには、淡白でうまみのある練り物(かまぼこ・ちくわ)かエビ、かにくらいが合いそうに思います。

個性の強い味の物は足さずに、豆腐と油揚げ本来の味を、鰹節のきいただし汁で楽しみたい一品です。

この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
ご飯・おかず
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました