クレープシュゼット レシピ・作り方

クレープシュゼットスイーツ

キャラメル風味のオレンジソースで食べる温かいクレープです。

オレンジとバターがあれば簡単に作れます。

オレンジの風味で簡単なのに上級のデザートになります。

材料2人前

クレープ:直径16cmで6枚程度>
薄力粉カップ2分の1(60g)
砂糖大さじ1(12g)
1個
牛乳カップ1(200㏄)
2g
食用油適宜
オレンジソース
オレンジジュース100㏄
砂糖30g
バター20~30g
20㏄
オレンジの実2分の1個
あればオレンジピール適宜

作り方

  • 手順1
    クレープを焼きます。
    1. 小麦粉・砂糖・塩をボールに入れ、泡だて器でよく混ぜます。
    2. 卵と牛乳を入れ、よく混ぜます。
    3. できた生地を30分ほど冷蔵庫で休ませます。
    4. フライパンに食用油を薄く引いて加熱します。
    5. 加熱したフライパンを濡れたふきんの上に乗せ、ちょっと冷やしフライパンの温度を調整します。
    6. 生地を適量入れ、固まらないうちにフライパン全体に広げます。
    7. 縁に焼き色が付いたら一気に返して裏面を30秒ほど焼きます。
    8. 焼き上がったらお皿に重ねていきます。
  • 手順2
    オレンジソースを作って仕上げます。
    1. オレンジは皮をむいて、房の部分だけにしておきます。
    2. 砂糖をフライパンに薄く広げて入れ、中火から弱火で溶かします。
    3. 砂糖に薄く色がついてきたらバターを入れます。
    4. オレンジジュースを加え混ぜます。
    5. 酒(グラン・マルニエ酒、ブランデーなど)を加えます。
    6. 少しとろみがつきソース状になったら、クレープと切ったオレンジの実を加えます。
    7. オレンジの実が温まったらオレンジピールを加え、火を止めます。
  • 手順3
    お皿に盛りつけます。

    出来上がりです。

料理のポイント・コツ

  • テフロン加工などの焦げつかないフライパンなら食用油をひかずに焼けます。
  • 砂糖と小麦粉を泡だて器で混ぜると小麦粉をふるう必要がありません。
  • オレンジソースの砂糖を焦がしすぎると苦みが出ます。
  • 好みですが、泡が大きくなって少し色がついてきたらバター・ジュースを加えるのが一般的です。
  • オレンジピールの代わりに皮を薄くむき、細く切って茹でこぼしシロップにつけたものを使っても良いです。
  • 生地にバター10gを加えると更に風味が増してしっとり焼き上がります。その時は牛乳を半量残しておき、溶かしバターを加えてよく混ぜてから残りの牛乳を加えます。家庭料理としてはバターを加えなくても十分おいしいように思います。

コーヒーブレイク

学生時代、お昼に時折食べていたクレープ屋さんのハムと野菜のクレープ。

果物とホイップクリームでデザートにするだけでなく、クレープはランチにも使えます。

クレープ屋さんのように薄く大きく焼くことはできませんが、しっとりとして美味しい生地はアレンジできるのが魅力です。

オレンジのクレープシュゼットが一番おいしいように思います。

写真は前日に焼いた少し形の崩れたクレープを使っています。本当は4つ折りにしてきれいに盛りつけます。

オレンジソースが染み込んだクレープぜひ試してみてください。

クレープシュゼット
この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
スイーツ
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました