生クリームを使わないクリーミーなエビドリア レシピ・作り方

エビドリアご飯・おかず

エビの殻と頭を乾煎りした後、酒を加えてだしを取ります。

濃厚なエビのだしが美味しいドリアになります。

最後にエビの殻を使わない簡単な方法も紹介しておきます。

エビドリア 材料2~3人分

エビ100~150g
玉ねぎ(小)2分の1個
エビのだし汁と牛乳合わせて400㏄
ご飯お茶碗2杯分
バター25g
小麦粉大さじ3
塩・こしょう適宜
チーズ40g
パン粉少々

エビドリア 作り方

  • 手順1
    下準備をします。
    1. 玉ねぎは繊維に逆らって縦薄切りにします。
    2. えびは殻を取って、背わたを除きます。
  • 手順2
    エビの殻と頭を乾煎りします。

    香ばしい香りがしてきたら、エビの頭を潰します。

  • 手順3
    酒大さじ2を入れ、アルコールが飛んだら水300㏄を入れ、あくを取りながら煮ます。

    沸騰して2分ほどしたら殻を取り除いておきます。

  • 手順4
    ソースを作ります。
    1. フライパンにバターを溶かし、えびを入れて炒め赤く色が変わったら取り出します。
    2. 玉ねぎを入れ透明になるまで炒めます。
    3. 弱火にして小麦粉大さじ3を加えてよく混ぜます。
    4. 小麦粉をよく炒めひとまとまりになったら、牛乳とだし汁を2回に分けて加えて混ぜます。
    5. とろみがつくまで3分ほど煮ます。
    6. エビを戻して混ぜ、2分ほど煮たら塩コショウで味を調え、ソースの出来上がりです。
  • 手順5
    耐熱皿にご飯を入れ出来たソースをかけます。
  • 手順6
    ソースの上にチーズをかけパン粉を振ります。
  • 手順7
    オーブントースターで焦げ色がつくまで5分ほど焼きます。

    ドリアの出来上がりです。

料理のポイント・コツ

  • エビはぷりぷりの食感になるよう加熱しすぎないようにします。
  • 玉ねぎは繊維に逆らって薄く切ることで口当たりがよくなります。
  • オーブントースターではなくグリルやオーブンで焦げ色を付けても良いです。
  • パン粉のほかに面倒でなければ、小豆粒大のバターを2~3個散らして焼くと、風味も良くなります。
エビの殻でだしをとらない場合

エビの殻でだしを取るのが面倒であれば、牛乳500㏄にしてケチャップ大さじ2を加えてください。ソースの色もだしを使った時に近く、味にも深みが出ます。

コーヒーブレイク

子どもたちが幼く育児に時間がとられている頃は、冷凍食品を使わせていただいていました。

クリーミーなドリア、グラタンは子供の大好きなメニューです。

気負わずに冷凍食品を使うのもありです。

えびの殻でだしを取るのは冷凍食品会社の新メニュー開発のドキュメンタリーを見てヒントを得たものです。料理人さんもやっていることを後に知りました。

殻も使いようです。えびに代えて鶏もも肉で作っても美味しい一品です。

エビを使ったその他の料理はこちら
この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
ご飯・おかず
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました