シャキッと香るゴボウのサラダ レシピ・作り方

ごぼうサラダご飯・おかず

茹で時間などのポイントを押さえるだけで簡単に作れて、上級に見えるサラダのレシピです。

ゴボウのシャキシャキした食感と香りが際立ちます。

ごぼうのサラダ 材料(2~3人分)

ゴボウ1~2本(150g)
人参2分の1本(100g弱)

ドレッシングソース

マヨネーズ大さじ4
味噌小さじ2
砂糖小さじ2分の1
すりごま大さじ2分の1

ごぼうのサラダ 作り方

  • 具材の下ごしらえをします。
    1. ゴボウの皮を、包丁の背でこそぎ取ります。
    2. にんじんは薄く皮をむきます。
    3. ゴボウ、ニンジンを斜めに3~4mmの厚みに切り、それを3~4mmの幅に切って、細切りにします。
    4. 切ったゴボウは水に5分ほど晒し、ざるに上げます。
  • ごぼうとにんじんを茹でます。
    1. 鍋に水を入れ沸騰したら、ゴボウを入れます。
    2. 1分したら、にんじんを入れます。
    3. さらに1分たったら、ゴボウと人参をざるに上げ、お湯を切って冷まします。
  • ドレッシングソースを作ります。

    マヨネーズ、味噌、砂糖、すりごまを混ぜ合わせます。

  • 食べる直前にソースとゴボウ、ニンジンを入れて混ぜます。

    出来上がりです。

料理のポイント・コツ

ごぼうの皮の剥き方

ゴボウの皮は、むきすぎると風味が損なわれます。包丁の背の部分でこするようにして皮をきれいにこそぐ方法が有効です。

自己流ですが、丸めたアルミ箔でこするのもいいようです。

ごぼうを水にさらしすぎない

ごぼうは水にさらしすぎると風味が落ちますので注意してください。

硬めのゴボウで作るとき

少し硬めのゴボウは、ゆで上がりに下味をつけておくと食べやすくなります。

作り方2以下の手順を下のように変えます。

手順2.にんじんとごぼうの茹で方を変える
  1. にんじんは先に1分茹で取り出しておきます。
  2. 取り出した後の湯にゴボウを入れて2分茹でます。
  3. 茹でた後のゴボウに醤油大さじ1と砂糖小さじ1で下味をつけます。
    冷める間にゴボウに下味が付きます。
手順3.ドレッシングソースの分量を変える

ドレッシングソースの味噌は小さじ1強にして少し減らします。

完成!

ゴボウ、にんじんをソースで和え出来上がりです。

ごぼうサラダ

コーヒーブレイク

柔らかな香りのよい新ゴボウが手に入ったので、作りました。

新ゴボウを見かけた時はぜひサラダにしてみてください。

この記事を書いた人
coronel

子どもの頃からお料理、お菓子作りが大好きです。
家庭科の教員免許取得後、食品会社に勤務(バイオサイエンス関係)。

少しでも、あなたの参考になりましたら幸いです。

coronelをフォローする
ご飯・おかず
coronelをフォローする
ころんクック◎基本のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました